So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

Macbook Pro 2012 MidのSSD化!とOSX EL Capitanへのアップ。 [Macbook Pro]

OSXが、EL Capitanになって、そろそろアップしようかなと思ったが、500GのHDの残りを確認すると100G。整理するのも面倒だし、そのまま移行したいし。で・・

今回導入したのはTranscendのSSD。カメラやPCのメモリではよく利用しているメーカー。
今までトラブルにあったことはないので、これにしてみた。

Transcend SSD 1TB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS1TSSD370S

Transcend SSD 1TB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS1TSSD370S

  • 出版社/メーカー: トランセンド・ジャパン
  • メディア: Personal Computers


1TBがタイムセールで、36800円だった。うん、満足。

以前、ハードディスクの換装は行っているので交換作業は簡単だった。
情報は、ググったり、SSDメーカーのサイトで動画なんかも参考にした。

SSDの交換作業でHDと異なるのは、交換し終わってから。
ポイントは2つ。
OSXのモーションセンサーと、SSDを長持ちさせるためのTRIMの有効化。

モーションセンサーはHDを持ち歩く際の衝撃緩和のための機能なので、SSDには必要ない。

TRIM命令は、基本的にはSSDの速度低下を避け、寿命を延ばすもので、OSXは10.8くらい?から対応しているんだけど、社外品のSSDを入れるとオフになってしまう。ただ、10.10.4からターミナルでオンにできるようになった。でも、OSをアップデートするたびに、社外品のSSDだとオフになるらしい。
まあ、Appleには、SSD入れたら自動で認識するようにしてほしいな。ケチケチしないでさ。
一応、transcendのSSDはガベージコレクションというTRIM代わりの機能をファームウェアレベルでワポートしているということなので、無理に有効化しなくても良いのかもしれないけどね。
ああ、ちなみに、SSDは、その構造上、HD以上に空き容量が必要。必要量の倍以上はあったほうが無難。

まず、SSDへ交換後初期化し、HDを外付けケースに入れて接続。
使ったケーブルはこれ。
USB-CVIDE3

サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル 0.8m USB-CVIDE3

サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル 0.8m USB-CVIDE3

  • 出版社/メーカー: サンワサプライ
  • メディア: Personal Computers


で、データを移行。
タイムマシンを使うか、ディスクユーティリティーか、クリーンインストールか悩んだが、面倒なので、ディスクユーティリティーで、コピペ。(やり方はどこでもあるのでググってください)
所要時間2時間半かな?400GBくらいだったと思う。

次にターミナルを起動して
sudo pmset -a sms 0
・・と打ち込み再起動。
これでセンサーはオフになる。

次にOSのアップデート。
TRIMの方は、OSを10.10.4以上にしないとターミナルでは起動できない。
APP Storeから、インストール。バージョン10.11.2。所要時間2時間くらい。

で、ターミナルからTRIMコマンド。
sudo trimforce enable
打ち込むと、Macの起動時のパスワードを聞いてくるので入力。
本当にいいのか?と長ったらしい脅しっぽい文章で聞いてくるのが、yと打ち込む。
もう一度、リブートしたらオンになるぞ。いいのか?と聞いてくるので、yと再度打ち込む。
で、再起動。

速度を計測。
DiskSpeedTest.jpg

あら、速い。
読み込み485MB、かきこみ425MB。

ソフト等が動くか検証。
Officeがプロダクトキー入れろとか、iCloudやAdobeのCreative Cloudなんかがパス入れろと煩いけど、これはいつものこと。
Macのソフトは特に異常は見られない。今のところ。

問題は別に発生。
じつはFUSION5.05でWindows8.1を使っていたんだけど、FUSIONが起動しない。
アリャリャ。ググると、どうやらFUSION5.0XはYosemiteの時点で動かなかったようだ。
アリャリャ。ゲンナリ。でも、良い情報発見。
オラクルのVirtualBOX!無料!
http://parashuto.com/rriver/tools/yosemite-vmware-fusuion-5-virtualbox-win7#vb-installation
渡辺竜さんありがとうございます。
ダメ元で書いてある通りにやったら、なんと!Windows8.01が無事に動きました。素晴らしい!

満足。今のところ・・

ちなみにTime Machine用に、HD購入。



3TBで、1万円って安くない?

まあ、これでまた3年は延命できたな。

SEL90M28G テスト(開放・手持ち) [カメラ]

一日どんより

DSC02525.jpg


でも、昨日、新しいレンズが届いたし
気分は晴天
折角だから、近くで試し撮り

FE初のマクロレンズ
FE90mm f2.8 MACRO G OSS

そもそもαで90mmマクロは初めてナンじゃないかな??

DSC02540.jpg


OSSは手振れ補正のこと
折角だから、全部開放、全部手持ちで撮ってきた
なんだかとっても素直な
とても素敵なレンズだ

DSC02553.jpg


このレンズのピントリングはスライドして
AF/MFを切り替えられる
通常のAF時にはとても便利

リングの感触も、回転抵抗もちょうど良い
100mmマクロのDタイプみたいな重さは無い
かといってくるくる回りすぎるということも無い

ちょうど良い

SONYの一眼にはDMFという
AFでフォーカス後、ピントリングを動かすと
自動的にMFに切り替わり、拡大してフォーカスを追い込める機能がついている

このレンズのスライダーは、本体の切替より優先するので、
最初、それを忘れて「あれ?AF効かない・・」ってことがあった
まあ、なれだけどね

DSC02576.jpg


ちっちゃいお花も大丈夫・・かな?

AF切換えが三段階
フルと50センチ〜無限大と、最短から50まで

このスイッチ多用します

まあ、全部フルでも十分機能するけど
で、この切換えを使うと、抜群に合焦する
あんまり使うので、スイッチの耐久性が気になったくらい

まあ、5年保証付けているから良いけど

DMFとスライダーとAFモードの使い方が
今後の課題だな

DSC02662.jpg


いやあ、最初、軽いって思ったけど
持って歩いてたら、そこそこ重い
でも、バランスが良く、写真は撮りやすい

DSC02670.jpg


それにしても楽しかった!


#αアンバサダー













i40 for SONY [カメラ]

北海道でまだ2月なのに
よく見ると芽を吹いてきている
異常だ

DSC01887.jpg


春が近いということは、花を撮る機会も増えるということ。
ハイスピードシンクロやLED機能のついた
α7シリーズのマルチインターフェイスシュー対応フラッシュ見つけた。
しかも、ずっと「取り扱いできません」だったけど、昨日から再開。



GN40で電池も4本使用。
HSS対応でLEDもあるので、物撮りにも多分利用可能。
評価も高い。

2月26日追記

今日見たら、もう売り切れてる。
驚き!


Landscape5(α7Ⅱ+SEL70200G)LR5.7.1 WBtest [カメラ]

α7Ⅱ jpeg
DSC00715-2.jpg



Aperture亡き後、とにかく、ちゃんと対応してくれるから助かるわ。
出来れば、DPシリーズにも対応してくれると助かるんだけど。
iPhotoも変わるみたいだし、もうLRに切り替えるしかない感じだなあ。
Sonyしか使わないなら、Capture Oneというてもあるけど、GRとDPも使うならProにしなくちゃならないし。アップグレードは、Sonyだけなら23EUで3000円だけど、8Proへは206EUだから27000円くらい?高いな。
LRならPSとセットで月980円ってのもあるから、やっぱりLRだなあ。


LR5.7.1 自動
DSC00715-2-2.jpg



LR5.7.1 昼光
DSC00715-2-3.jpg




LR5.7.1 曇天
DSC00715-2-4.jpg




LR5.7.1 日陰
DSC00715-2-5.jpg




LR5.7.1 タングステン
DSC00715-2-6.jpg




LR5.7.1 蛍光灯
DSC00715-2-7.jpg




LR5.7.1 フラッシュ
DSC00715-2-8.jpg




Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版

Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版

  • 出版社/メーカー: アドビシステムズ
  • メディア: DVD-ROM



学生・教職員個人版 Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版

学生・教職員個人版 Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版

  • 出版社/メーカー: アドビシステムズ
  • メディア: DVD-ROM





前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。